未分類

ゲーム中毒で人生を棒にふりそうになった私が、ビジネスや起業に「信長の野望」の考え方が役に立つと考える理由とは?

2014年に靴下メーカーとして起業して以来、ぼちぼちと「信長の野望」をプレイするようになりました。

信長の野望シリーズは、「光栄(現コーエーテクモゲームス)」が開発した歴史シミュレーションゲームです。

私の青春時代は、光栄さんの歴史と、共にあったと言っても過言ではありません。

初期の信長野望は、マルチプレイが可能でした。友人がトイレに行っている隙に、彼の領土に忍者を送り込んだときの、爽快感は今でも忘れません。

その反面、ゲームにはまり過ぎて、成績も最低でした。高校を中退しそうになったこともありましたし、専門学校で中国語を学んでいた頃は、テストで3点をとったこともあります。

その後、友人に誘われて中国を旅したことをきっかけに、中国の面白さにはまりました。中国との出会いが私をゲーム中毒から救ったのです。

私の興味を中国へ向かわせるきっかけを作ったのも、光栄さんの三国志でしたので、そう考えると人生って不思議です。

中国と出会って以来、しばらくゲームとは距離を置いていましたが、2016年の大河ドラマ「真田丸」に信長の野望の戦略マップが使われているのを見て、また信長の野望をやりたくなってしまいました。

コーエーテクモさんの思う壺というやつですね。

学生時代と違っていまは、曲りなりとも会社を経営する立場です。実際にプレイすると信長の野望の考え方が以外にも、ビジネスに役立つことに気がつきました。

弱国が四面楚歌を避けるために同盟を組む

信長の野望で、天下統一を目指すにあたって、隣国全てが敵になってしまうと、戦力が分散されてしまうため、苦労します。

適切な同盟相手を選択し、一箇所に戦力を集中させることにより、弱国でも生き残れる活路を見出すことができます。

同盟の期限は5年間です。同盟に甘んじて、何もしないでいると、同盟相手が滅んでしまうか、逆に強大になっていきます。

滅んでしまったら、四面楚歌の状況に戻ってしまいますし、強大になると次の5年間の同盟を延長してもらえるか不透明になります。

同盟を結んでいる間の5年間を、次の5年間に備える準備期間としないと生き残って行けないのです。

私たちのビジネスも同じ考え方で今日までやってきました。まずは中国パートナーと同盟を組み、協力し合いながらビジネスを育てました。

数年間たつとお互いの考え方の違いが浮き彫りになり、昨年(2019年)一旦パートナー関係を解消しました。

同盟に甘んじて、何もしないでいれば、自分自身の志を捨てる選択幅しかありませんでしたが、同盟期間中に独自でも最低限のビジネスの運営ができるように備を固めてきましたので、現在もなんとか生き残れております。

この経験から、信長の野望のゲームの世界で、同盟戦略に頭をひねらせる練習をすることが、実際のビジネスにも役立つことがわかりました。

攻撃は最大の防御なり

信長の野望において、敵が隙を見せたタイミングで、速攻することが非常に大事です。

速攻できたかどうかで、その後の展開が全く異なります。戦いの局面をセーブしておくことができるので、ロードして何回でもシュミレートすることができます。

それが非常に面白いところです。

ビジネスにおいても、チャンスが到来したら、掴みとるために、思い切って動かなければならない局面が訪れます。

「やるか」「やらないか」で、その後の展開が大きく違うのです。

「攻撃は最大の防御なり」まさにその通りなのかもしれません。

まとめ

起業して、あらためて信長の野望をプレイしてみて、ゲームの中の考え方が以外にも、ビジネスに役立つことに気がつきました。

現在プレイしているのは、2007年に発売された「信長の野望革新PK」です。2016年に購入して以来、4年あまりになります。

学生時代は、ゲーム中毒になり人生を棒にふりそうになりましたが、現在は逆に、私の戦国ゲーム好きの嗜好をビジネスに活かせないか検討しています。

戦国グッズや信長の野望について、Twitterでつぶやいております。お気軽にお声がけ頂けると嬉しく思います。

-未分類

© 2020 Tumugu Note Powered by AFFINGER5